© wazaemon.info all rights reserved.

時代背景
飛鳥時代

大陸から仏教伝来とともに、仏前にお花をお供えする習慣が定着。

室町時代

いけばなの成立。

三具足(花瓶、香炉、燭台)の一つとして「立て花」が出来上がる。

室町後期には、ただお花を挿すだけでなく、七つの役枝(型)で構成される「立花」(りっか)が誕生。

(大自然の姿を花器の上に表現し、草木の調和を重んじる)

安土桃山時代

茶の湯とともに茶花が普及。(自然の風情そのままに生ける)

江戸時代

手狭な空間に生ける「投げ入れ花」から、より格調の高い「生花」(しょうか)が誕生。(草木の出生美を表現)

明治時代

盛り花の流行(小原流が現代のライフスタイルに合わせて確立)

池坊も現代の生活空間に合わせた「自由花」(じゆうか)を確立。(型に捕らわれず自由に生ける)

元々池坊のいけばなは、日本古来の床の間に生ける花として時代と共に進化して来ました。

しかし、現代においては、和室や床の間のある家は少なくなり、我々日本人の生活空間や

ライフスタイルも大きく変化しています。

そこで、当代家元池坊専永は、立花と生花においても現代に適した花形を追求し、正風体(従来の花形)以外に、新たに新風体(型を必要とせず、洋花を使ったり、飾る場所を選ばない現代にマッチしたスタイル)を発表しました。

作品の写真は、本人が生けたものを使用しています。